今日の帰り、涙が出ました。
悔しいからではなく、悲しいからでもなく、怒りからでもなく
負の感情からではなく
熱いものが込み上げて、涙が出ました。
仕事においてこういう涙が出たのは、地元で働いていた「水戸クリニック」の
送別会以来ではないだろうか。
それまでずっと、嫌になって泣いたり辞めたくなって泣いたりしたことは多々。

今日であの場に行くのは最後。
今まで地味でしんどく、それでいてとても重要な仕事をしてきて
それでも楽しくやってられたのは、お互いのいたわりがあったから。
お昼が楽しみだったのは、私たちだったから。だと思う。

一緒に仕事をする関係て
友達とも違う家族とも違う、ともすれば仕事がなくなれば
毎日会ってた人と会えなくなってしまうかもしれない
そんな不思議な関係だと思う。
毎日のことだからこそ、感覚温度の近い人と一緒に仕事をしたいのだ。
自分の感情と能力を削いで取り組むものだからこそ
何か意味のある仕事を少しでも分かり合える人たちとしていたいのだ。

だから、ある人から
「今まで一緒にやれて本当によかったです。
ありがとうございました」ってメールをもらったとき、涙が出ました。
自然と泣いてました。
自分がこの会社にいて、捨てたもんじゃないんだなと思いました。
こういう熱い気持ちを持てるのだなと思いました。
新人のこんな私のことを一番気にかけてくれてた人たちでした。

またみんなで韓国料理でも食べましょうね。
お世話になりました。ありがとうございました。忘れません。
[PR]

by mellon-collie | 2006-12-08 21:38 | 日々あれこれ