下の記事、削除しようかと思ったのですがやっぱやめました。本当の気持ちだし。

昨日「ハケンの品格」(最終回)を観て
「一緒に働くとは、一緒に生きることである」という言葉にじんときました。

今日は、来期の組織というものが公開されました。
うちの課も変わるらしい。
千葉支社で私のエルダーだった人が、昇格して甲府営業所に異動するらしい。
嫌な上司と掃除をしている間、千葉支社でのことを思い出してなんだか切なくなりました。
春は出会いと別れの季節ですね。切なくなります。
なんだか、春が来るたびに、いい人たちが私の元から去っていくような気がして
いい人たちの元から私が去っているような気がして、不安になります。寂しくなります。

みんなどこ行っちゃったんだろう・・・・・

つなぎとめておかなければいけないと思いつつも
日常に流されて、何もできずにいる。そしてたまらなく不安になる。

あまり時間がないような気持ちになる。例えば、親もそんなに若くないんだなと思う。
だったらなるだけ一緒にいなきゃなと思ったりする。
あの子にもあの子にも連絡をとらなきゃなと思ったりする。妙にあせったりする。

頭がおかしいのかな。

何もかもが大して意味のない、どうでもいいことのように思えたりする。
「もう、いいや」と思ったりする。何がもういいのか分からないのだけど。
自分がひどく間違っているような気がする。罪悪感を感じる。

春は心にくすぐったい。なんて。
[PR]

by mellon-collie | 2007-03-15 23:16 | 日々あれこれ