万博とNANA

万博今日で閉幕らしいですね。
いろいろ意見はあるみたいだけど、行ってみたかったなあ。
キッコロとモリゾーに会いたかったわん♪

高校の友達が万博で働いているのだけど、そのフットワーク見習いたいわ・・・。

一昨日「NANA」を観ました。
私は、原作のコミックを美容院でずっと読んでいたのですが(ずうずうしい客かも)、やっぱり映画と原作は違うなあと思いました。なんというか、ものすごくかいつまんで要約した印象で、「あれ?」という感じで終わっていました。本編というか、序章という印象を受けました。製作者の意図かもしれませんが・・・。どちらかというと、NANA役の中島美嘉の歌のプロモ的な映画だなあと思ってしまいました・・・。
多分もっと詳しい人なら、うすいという印象を否めないんじゃないかな。

でもですね。

宮崎あおいちゃんかわいいー!!!

あんなかわいかったっけ?て思うくらいかわいかったです。服もかわいいし。光ってました。
中島美嘉もかっこよかったけど、あまりにも痩せていて、びっくりしました。役作り??

とにかく、宮崎あおいちゃんは、前々からな~んか気になっていたのですが、ほんとかわいいのね。演技もうまいし。中島美嘉も存在感あってすごいですが・・・。
この二人の友情・やりとりは微笑ましいです。そんな映画でした。
来年に続編があるらしいです。・・・・・納得・・・・・。

とにかく私は

宮崎あおいちゃんを推します!

てか、ファン?オタク?



やっぱ矢沢あいといったら「天使なんかじゃない」だなあ・・・。
みんなで夢中んなって読んでたなあ・・・。
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-25 00:30 | 映画・音楽・本

腰痛 よーつー YO TWO U2

今日は腰痛がひどいです。
母からは「どこも痛くないのにマッサージするからだよ」と言われました。
そして痛み止めの薬をくれました。

             !!!

確かにそうかもしれません。
20分コース、しかもなかなかしっかりとマッサージしてもらいました。(@大江戸)でも本当にそうなのかしら・・・。

前の職場の同期で、岡山に帰った子が、仕事きまったようで。
がんばってな~!
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-22 21:34 | 日々あれこれ

メロンコリー

e0066139_22265984.jpg
ブログのタイトルになっているメロンコリーについてです。
スマッシング・パンプキンズ「メロンコリーそして終りのない悲しみ」(英語版:The Smashing Pumpkins「Mellon Collie and the Infinite Sadness」)
からとりました。90年代のアメリカ・オルタナ・グランジシーンで活躍していたバンドです。今はもう解散してしまったバンドですが、カート・コバーン率いるバンド「NIRVANA」とともにシーンを盛り上げ、世界的に売れていたバンドです。日本でも人気があったと思います。

私は高校のとき、洋楽の、なかでもUKロック、オルタナ・グランジ音楽にはまり、よく聴いていました。ディストーションギター&エモーショナルなメロディ&内省的・文学的な歌詞など、さまざまな要素がありますが、なかでもスマパンは、動と静の対照的な世界があって、静かで美しい曲の次には轟音がきたりします。かなりかっこいいです。
G/Vo 作詞作曲のビリー・コーガンという人は、ぱっとみスキンヘッドで怖い印象もありますが、ものすごく才能のある人でものすごく繊細な人であったのだと思います。

「メロンコリー」は二枚組みの大作ですが、名盤だと思います。好きでよく聴いてました。
改めて聴いてみても、作品の構成とか言葉とかギターのリフ・入り方とか声とか、素晴らしいなと思います。ベースは女の人なのですが、So Cuteです。
同時代のバンドの中で、一番プロフェッショナルに音楽に向き合っていたバンドなのではないかなと思います。

普通は「melancholy」だと思うのですが、故意に「mellon collie」にしたセンスも好きです。「mellow」(甘い、柔らかな)「melodic」といったニュアンスをかけているのではないかと思われます。「collie」はあのコリー犬です。うむむ・・・。

[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-21 23:24 | 映画・音楽・本

大江戸温泉物語

に行ってきました。
食→占い→温泉→マッサージ→休眠→食というかんじでした。
いやーいろいろそろっていていたれりつくせりですな。人も多い多い。。。

会計は一番最後にするので、いつのまにかお金をいっぱい使ってしまっていたりする。要注意!

「癒し」を求めるにはいい場所なのではないかな。にしては人が多すぎるか・・・。
占いでけっこうステキ(!)なことを言われたので、ほっとしました。
けっこう当たっていて「すげーすげー」と思いました。
私は夢見る夢子ちゃんのようです。うほほん。

マッサージもよかったあ・・・。

満喫できました♪
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-18 23:09 | 日々あれこれ

ショパンです

e0066139_2059523.jpg

Meijiのショパンです。なんか味が違うと思ったら“プラリネがダブルになりました。”とあります。更に裏には“白いプラリネが入りました。”なるほど!なんかなめらかで美味しくなったような…。お試しあれ☆
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-17 20:59 | 雑談

宙ぶらりんこ

私の今の状況は、あまりよくないなと思ってて。
大学4年のときからいろいろ判断が狂っていて、いろんな人の助言を受けながらも
卒業して引越して、就職して・・・。
でも就職先でちと挫折して、で今はとりあえず就活している状況。とりあえずではなく、本気なんだけど・・・。
今振り返っても、後悔ばっかりなんだよね・・・。「なんであのとき」って思うことばっかり。
な~んか中途半端。中途半端なんが嫌いなはずなのに。
そこで学んだことは、

冷静に判断できないときは、下手に動くべきじゃない

かな。
一番親に迷惑かけてると思うし、もっと気持ち的によい環境てのが選べたはずなのに。
とにかく今は、「まだまだやれるんだ」って嘘であったとしても思いたいなあ。

でも時間てのは個人の事情を裏切って膨らみ続けるねー

今ならもっと完璧に大学生をやれる気がする。
勉強も遊びも将来についても。気がするだけか。
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-16 20:50 | 思うこと

911

選挙がありました。
私はその日表参道にいたのですが、突然の雷雨に見舞われ、濡れて帰りました。私なりに、選挙にいこうかな・・・とも思ったのですが、雨に負けてしまいました。だめですな・・・。

結果は自民党圧勝で。まさしく小泉劇場だったのだなあ・・・と。
個人的には、ホリエモンのあのいじめられキャラと、亀井さんのぐったり頭の、広島6区対決に興味がありました。あと、小林興起さんが、なんだかかわいそうに思えてきました。
今の日本のながれは、自民・小泉さんのながれなのだと痛感。
郵政賛成か反対かを議題にのせ、民主党はそれに対し、政権交代・小泉批判というかんじ。じゃあ、どうしてくれるのか、と考えたときに、やはり分かりやすい自民にいってしまう人は多いのではないかしら・・・。

とりあえず、次こそは選挙にいってみよう!と思ってみたり。ほんとかな。
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-12 21:44 | 日々あれこれ

IBM・・・

今日は、某会社の試験を受けてきました。
一般常識と作文だったのですが、勉強不足の私は「軽くやばい」どころではありませんでした・・・。

で、それはそれとして「作文」です。
パソコンを使って、作文をつくり、最後にFDに保存するということです。
ちなみにテーマは「挑戦」でした。

見直しも終わったので「保存するか・・・」と思ってFDをつなぎ保存スタートしたら・・・。

ふりーず!!!!!

そのまま動かなくなってしまったのです。
私は焦りましたとも、えーえー。
ギリギリ、ハード(パソコン)に保存してあったので大丈夫でしたが・・・。
会社の方に、「保存してありました・・・。」と告げ、安堵とともに会場をあとに。

ほかの方のパソコンも調子悪かったようで。
前にも、レポートんときに同じようなことがあったよなあ・・・。

ムンクの叫び状態にならないように、保存はこまめにしないとね!
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-10 21:04 | 日々あれこれ

夜のピクニック

e0066139_22571371.jpg
恩田陸『夜のピクニック』です。

話題になっているのと、地元の高校(母校ではありませんが・・・)が舞台ということで
期待を持って読みました。
といっても1ヶ月くらい前に読んだのですが。
読みやすく、読後感がとてもよかったです。清涼感?が残る感じ。
久々にそのような本を読みました。

物語は、高校最後のイベント「歩行祭」で、それぞれの登場人物が、それぞれの想いを秘めながら挑むというかんじです。
夜を徹して歩く様が、淡々とした文体で綴られています。その中で起こる様々なこと。

イメージとしては

人生の夜明け前における焦燥感

かしら・・・。
進学校が舞台なので、登場人物たちはそれぞれにスマートなんだけど
でもまだ何も始まっていない、または始まることに対する焦燥感。
そういう青春の一場面を切り取ったような小説だと思いました。

もっと読んだ直後に感想書けば、また違ったことが書けたと思うのですが・・・。
私はとても好きだなと思いました。
ずっと浮遊しているようなかんじとか・・・(全体の印象として)。
新しいというか、「あーうまいなあ」と思いました。
恩田陸さんは初めて読んだのですが、ファンタジー系をどうも避けがちだった私でも
他の作品も読んでみたいと思いました。
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-07 23:30 | 映画・音楽・本

8月のこと

ちょっと8月について振り返ってみます。(もう9月なのに・・・。)
というか、小学生にとっては夏休み明けなわけで、ちょっとした事件でもあるわけです。

姉さん、事件です!

とまではいかないまでも、夏休み明けといったら
衣替え・始業・夏が終わってしまうあの感じ・宿題などなど
けっこうそわそわなときであったと思います。
私は学生ではないので、もう夏休みはありませんが・・・。

で、8月のことです。
久々に地元の友達(中学の同級生)と飲みました。本当に久々でした。
女の子2人と、後から遅れて男の子2人。
みんな地元にいて働いていたり、大学生だったり・・・。
女の子は本当きれいになってて(いや、もとからほんとーにかわいいのですが)
結構大人でした。てか、私がガキなのかしら。
でも、会話の端々から変わってないなあとも思いました。
男の子は、すっかりリーマンになってたり、やたら日焼けしてて全然変わってなかったり・・・。
なぜかバックの中から、ビニール袋がいっぱい出てきて
彼からすれば雨対策のようですが、そこで私がボケ?をかましたり
しばし爆笑でした。

本当懐かしかったです。元気をもらいました。私もがんばらなきゃなと思いました。
でもなんだか、時間が戻ったような、でも本当は戻ってなくて、みんな別々で
あのもどかしい感覚はなんなのでしょう・・・。

つーか、いろいろ結婚情報にびびりました・・・。

あと・・・
サークルのOBライブで、久々にライブをしました。
楽しかったです。野外で夏らしいことができました。
その後、友達のうちに泊まり
次の日はバスに乗り継いで、大学のときから私が姉のように慕う美白美人に会ってきました。
久々で、元気そうで、よかったです。
下の記事の「のんびりいきまっしょい」は
いろいろ悩んでいた私に対する美白さんの言葉です。

学科の友達とも飲みましたね。いえい♪
[PR]

# by mellon-collie | 2005-09-07 00:14 | 日々あれこれ